チェキで写真を楽しむ

最近、富士のインスタントカメラ「チェキ」が静かなブームのようです。

 

韓流ドラマの中で使用されたのが切っ掛けで韓国、中国でブームに。

一時期フィルムの生産が追いつかない程だったとか。

富士フイルム チェキ

富士フイルム チェキ

 

そのブームが日本にも飛び火しているようです。

元々、プリクラ文化がある日本なので受け入れやすかったのかもしれません。

 

以前からお付き合いさせて頂いて、営業方法等色々勉強させて頂いている印刷会社経営者の奥様がマスキングフォトフレームを使い、マスキングテープで手作りでプリクラ風にチェキ写真を仕上げる提案をされており、コイデカメラさんでマスキングテープを販売したり教室を開催されたりしているそうです。

 

写真をお借りしたので掲載します。

フォトフレームとマスキングテープで制作 1

フォトフレームとマスキングテープで制作 1

 

作例 2

作例 2

日本は欧米や中国に比べるとデジタルカメラで撮った写真をプリントにする割合が低い国だそうです。

中国・欧米は撮った写真の6〜7割をアルバムにしているようですが、日本でその割合は半分以下の46%だとか。。

 

デジタル画像はただの電気信号の集まりでしかありません、機械を通してのみ写真として表示されます。

写真をプリントして楽しむ事に関してもっと選択肢があってもいいですよね。

 

こういう写真の楽しみ方なら日本人は好きかもしれません。

日本のキャラ弁が海外で話題になっているように、日本発の写真の楽しみ方になるかも?…。