経済政策がカメラの品質を変えたのか。

アベノミクス下の日本経済好調ですね、といっても大半が日銀の金融緩和のお陰だと思っているのですが、一時期より円安になり、中国の人件費高騰も手伝って日本の製造業が日本回帰を徐々にですが始めていますね。

ほんの数年前、友人があるカメラメーカーの長年のファンでそこのデジタル一眼を買ったところ、若干ファインダーの水平が出ないのでメーカーのサービスに問い合わせたところ、製造過程での受光部の取り付け精度の問題なので修理できませんとの回答を貰ったそうです。

製造国は中国でした。
ガ〜ン!ですよね。

その時、正直日本ブランドもここまで落ちたかと暗い気持ちになったものです。
家電に続きカメラお前もかよと…。

流石にプロが使うフルサイズ機種は日本製でしたが、その分お高い金額でした、いや現在も…。

当時はデフレ下での消費増税というダブルパンチで庶民の懐はすきま風が吹きっぱなしでしたので、多少高くても買ってくれた一眼レフカメラもデフレで国内では売れず、円高で海外でも苦戦とくれば中国生産はまあ、仕方のない、メーカーとしては苦渋の決断だったのかもしれません。

私もフィルムカメラより格段に安い値段で手に入るデジタルカメラに助けてはもらったほうなのですが。

その苦渋の決断をメーカーにさせた原因は何なのでしょうか?
ご存じの円高とデフレのダブルパンチです。

1ドル80円とかの円高のお陰で輸出で稼いでいた企業は価格競争力低下で軒並み業績悪化。
国内消費はデフレと消費税アップでキンキンに冷え込んで、お金を使うことが躊躇われる状況で四面楚歌状態。

カメラとしては高級機にあたる一眼レフカメラも販売台数減らすのは致し方のない世の中になっていました。

まさに暗黒時代でしたね。
大学出ても就職口が無く、就職浪人も社会問題化していましたね。
以前私が働いていた零細企業にも新卒の大学出がバンバン応募してくる状況でした。

さすがに東大出の方が就職面接に来られた際は社長も「君の来るところではない」とお断りしたと聞いています。

デフレ下なのでお金は保持しておけば年々価値が上がっていきます、相対的に物の値段は下がるので積極的にお金を使うことをしなくなりました。

物が売れない状況です。
当然、企業の業績は悪くなり従業員の賃金は良くて凍結、賃金カットは当たり前でした。

なのでカメラなどの生活必需品では無い物は価格を安くしないと売れないのが現状。

Made in japanブランドに拘っている時代では無かったですよね。
背に腹は代えられず安く作るために中国に企業は殺到するわけです。

当時は財務省が溜め込んだドルで必死になって為替介入していましたね、今思えば日銀が「金利下げるよ〜」の一声で円安に向かったのに…と思っちゃいます。

日銀はなにやっていたのでしょうね?

反面アメリカでは雇用対策はFRBの仕事だと法律に明記されているそうです。

それほど金融対策は雇用や経済を左右する物なのですよね。
日本にはそんなことを解説してくれるTV・新聞のコメンテーターとか居ませんでしたし。

科学や物理などではノーベル賞を貰ったりする人が度々出てきますが、経済学賞では候補にも上がりませんよね。

その点に関しては日本はレベルが低いと断言しちゃって良くないですか?
経団連や商工会議所のトップが「消費税は上げるべき」とか信じられない発言をしますよね。

そんなに日本の内需を壊したいのですかね?
日本の家計に手を突っ込んでそのお金で法人税減税を実施する目論みを、財務省に耳打ちされているかと疑っちゃいます。

消費税10%とかにしたら年金で暮らしている方々はどうするんですか?
消費税は所得の低い世帯ほど効いてくるのですから、野党さんが地方にはアベノミクスは関係ないとか仰いますけど、それ消費増税のせいではないのですか?

なぜそこを突かないのか不思議でなりません、庶民の味方の筈の野党さん方も消費税を上げるべきとか叫んでいるのですから手に負えません。

また、マスコミの安倍首相嫌いにも呆れます。
若者のテレビ離れで落ち込んだ放送業界も売り上げは微増ながら回復してきたのはアベノミクスのお陰で企業の業績が回復してきたからじゃないのですか?

正しい批判をするならそれは報道機関としての使命でしょうが、モリカケ問題は明らかなマスコミ上げての冤罪報道ですよね。

あなた方の関連会社の新聞社本社は一体幾らで国から払い下げて貰ったのですか?

安倍さんを降ろして次は一体誰に任せるつもりなのでしょうか?
マクロ経済政策をまともに語れる政治家のなんと少ないことか、このまま安倍独裁でも良いんじゃない?と思っちゃう程です。

安倍政権が長期なのは経済・雇用が好調だからだと思います。
まともにマクロ経済学を語れない、もしくはそういう側近を持たない人物が首相になってもまた首のすげ替えゲームが続くだけです。

Made in japan 再び輝け!