古い写真の整理

写真はお客様の古い写真やネガのデジタルデータ化のお手伝いの為お宅に訪問し相談させて頂きながら写真を選んでいる所です。

かなりの数があるので床に並べ、デジタルデータ化の順番を決めています。歴史の教科書に出てくる人達も写っています。

大抵の写真はしっかりと画像が残っており綺麗にデータ化できる物でしたが、やはり戦前の物なのでアルバムに貼ってある物は、アルバム自体が表紙を含め紙で出来ているため痛みが激しく、張られている写真の退色も進んでいました。

写真に書き込みがあったり、折れていたり、変色しているので画像を修正しながらの作業となりますので時間もかかります。

最近は再現像して元の状態に戻す技術も開発されたようですが、1枚に数万円かかるので大量にあると現実的ではありませんがスキャナーでは読み取れない程画像が消えかかっていても元に戻るようです。

TVで見たのですが、要するに黒化が低下したハロゲン化銀を元に戻すのだと思います、写真を一旦溶液につけて、写真が真っ白になる所を見ると「おいおいこれで大丈夫なの?」と思いましたが、再現像で物の見事に画像が復活する様は見事です。

幸い拝見した写真はどれもスキャナーで読み取れる濃度は維持していました。

大判の写真はプロカメラマンが4×5判で撮ったものなのでビックリするぐらい鮮明でディテールがしっかり出ています。やはり大きなフィルムは違います。

これは現在の35㎜でも敵わない圧倒的な解像力です。

ライカで撮ったと思われるスナップ写真も多数ありましたがやはり35㎜の解像力の差は時代を感じます。またピントが合わせにくいのかピンぼけ写真も多々見受けられました。

オートフォーカス時代の現在では考えられないですよね、特にスマホカメラはレンズが小さいのでピントが深くそれにオートフォーカスですからピンぼけ自体が言葉として無くなりそうです。

そのライカも製造番号が若い貴重なライカなのですが別邸に置いてあるとのことでしたので今回は拝見できませんでした。

対談記事UP

リビングライフ社企画による女優の田中美奈子さんとの対談記事がUPされました、興味のある方はこちらから。

リビングライフ社企画の田中美奈子さんとの対談後の記念写真

芸能人の方と直接お話しするのは大変緊張致しましたが、ご自身も写真をお撮りになるとのことでしたので興味を持って「りんごくらぶ」の話を聞いて頂きました。

*現在は掲載されておりません。(掲載期間が過ぎました)