デジカメ時代の苦労

最近のデジタルカメラの進歩の早さにはいつも驚かされますよね。

今はスマホでさえ一千万画素を超えてきますからね

 

古いデジカメを持っているのと恥ずかしくなるくらいです。

 

でも、カメラは解像度じゃないのです。

その操作性やレンズ性能、色調をいたく気に入り長く使っておられる方もいらっしゃいます。

 

今は画像素子はCMOSが全盛ですが、なかにはCCDだった時代のシャドーノイズがかえって写真にリアリティーが出るといって懐かしがる方もいらっしゃいます。

 

しかしフィルム時代と違いデジカメは長く使うには大きな障害がある事をご存じですか?

 

それは電池です。

少し前のデジカメだと単三電池が使える機種も有ったのですが、消費電力が増えた為か最近は滅多に見かけませんよね。

普通は蓄電池に充電して使用するのですが、ご存じの如く蓄電池は劣化していきます。

以前は例えば千枚撮れたのに最近は五百枚で電池切れになってしまうとか…。

 

出先で電池の充電量が無くなったとき応急処置でコンビニで電池を手に入れれば使えたりしたのですが…。

メーカーさんも新機種が出ると以前の機種の充電池は早々に販売中止となりますしね。単三が使えると便利なのですが。

 

それとも電池を新機種にも使い回せて、またはその反対も出来ると嬉しいのですが、メーカーは新規で予備電池も買って欲しいのか、内容が同じでも形を微妙に変えて新機種には入らないようになっていたりします。(微妙に出っ張りが作ってあったり)

 

ですので一般的には電池の寿命がデジカメの寿命なのです。

 

しかしそれに反旗を翻す人達もいます。

自作でAC電源コードを使用して単三電池が使えるように改造する強者が現れております。

 

以下のビデオをご覧下さい。

 

 

どうでしょうか?

まあ、このような改造は基盤に過電流が流れるとカメラが使い物にならなくなるのでお奨めはいたしませんが…。

 

メーカーさんも長く使うユーザーさんのために単三電池で動かせるオプション品も販売したらどうですかね?