コンパクトカメラの生き残る道

最近は一眼カメラがよく売れているようです。

巷で噂のカメラ女子の存在も多少なりとも影響しているのでしょうか?

高級一眼カメラを担いだ若い女性を目にする事は珍しい事では無くなってきました。

フィルムカメラの時代は考えられなかったのですが…。

 

反対にコンパクトカメラは苦戦しているようです。

携帯やスマホのカメラで充分と考える層が増えてきた関係でしょう。

 

その流れで各メーカー供コンパクトカメラの機種の絞り込み、中級から高級ゾーンへのシフトを行っているようです。

 

もうコンパクトが生き残る道はないのでしょうか?

 

そんな事は無いですよね、スマホや携帯に出来ない事に特化していけば生き残る道ってありますよね。

 

例えば、接写に特化したコンパクトカメラなんてどうですか?小さな物でもアップで撮れてボケ味も綺麗な接写専用カメラ、その代わり普通に景色とか撮る時は不便又は不可能なコンパクトカメラがあっても良いと思うのですが…。

 

一眼カメラを持ち歩いていても、邪魔にならない大きさで、満足できる画質の接写専用コンパクトならポケットに忍ばせておきたいと考える人も多いのでははないでしょうか。

 

マクロレンズを買わなくても、持ち歩かなくても、道端に綺麗な草花を発見した時等に気軽に取り出して接写できる便利さは支持されるような機がしますが…私だけですか?(笑)。

 

勿論、大量に売れる商品とは違いますが、こういうニッチ商品にして、値崩れを起こし難い、息の長いコンパクトカメラにする事が生き残る道かと勝手に思っています。

 

ちなみに私個人が欲しいのはポートレート専用カメラです。

人物にピントを合わせると自然に背景が綺麗に(ここが大事)ボケるカメラです。

観光地の記念写真には全く役立たずですが(笑)。

コメントを残す