初めて買ったカメラ

写真はミノルタのSRT-101というカメラです。レンズは58mmF1.2の標準レンズです。

給料を貯めて、当時住んでいた藤沢から新宿までわざわざ買いに出かけました。

新宿にヨドバシカメラがあったからです。

当時のヨドバシカメラはカメラ関連の卸会社で、卸価格より安く小売りをしていたので評判になりカメラ仲間では有名になりつつあるお店でした。

卸し問屋なので商品の陳列はなく、商品の箱が高く積まれているだけの殺風景な店内でした。

しかし店内は人がいっぱいで思うように進めない程でした。

お店の入り口にうず高く、広げると新聞紙大になる黄色い価格表が積まれており、お客さんはその価格表を見ながらカウンター越しに注文をします。

私も人の波をかき分け店員さんが居るカウンターまで行き「ミノルタSRT-101のブラックボディーください」と声を掛けると「何台?」と聞かれます。

さすがに問屋さんです。

少し負い目を感じながら「い、1台でいいです」と答えると、ろくに包装もしないで渡されます。

今のヨドバシカメラさんとは大違いですよね。

当時は多少店員さんが無愛想でも、カメラが安く買えるメリットには変えられませんでした。

店員さんは無愛想でしたが商品はド派手な袋に入れてくれたので、それを持って近くの喫茶店へ。

コーヒーを注文しがてら、ニヤニヤしながら商品を検めるのが至福の時でした。

その日、自室に帰り着いた時、財布の中には5円玉一枚でした。

給料日の翌日だった記憶があります。

幸い会社の社員寮住まいで朝昼晩の食事は社員食堂で給料天引きの食券で食べられたので干上がる事はありませんでしたが…。

しかしカメラボディは買ったのですがレンズはまだ手に入れてなかったので宝の持ち腐れでしたがね。

なのでレンズを買う為またセッセセッセと給料貯めましたね。

目的があったので無駄遣いは一切しませんでしたがその分先輩にたかってばかりいました。

諸先輩方その節はお世話になりました。

コメントを残す