退色ネガの色補正

色々なお客様のネガのデータ化をさせて頂いてつくづく感じるのはネガの傷みは意外と早く来るなとの思いです。

お客様からネガとプリントを一緒にお預かりする場合もありますが、ネガは退色が始まっているのにプリントは退色もせずしっかり発色している事も多々あります。

ネガは退色が進むと画像全体が黄色く色カブリしてきます。またフィルムによってはコントラストが落ちてフラットな色調になり色が出てこないものもあります。フィルムメーカーにより退色の仕方が違うようです。

最近遭遇するのが全体的に赤カブリしているネガです。

比較的新しいネガなのですがスキャンしてみると赤カブリをしていて、果たして退色現象なのか、現像時のミスなのかよく分からないものもあります。

一応当店では独自の補正カーブを当てて本来の色調に戻す事を行っておりますが、当初の予想より退色ネガが多いので現在の値段ではコストが見合わなくなってきています。

しかし状況に合わせた補正カーブの蓄積も進み作業の効率化を進めている所です。

コントラストが落ちているだけならレベル補正で簡単にある程度元に戻せますが、それでも微妙な色情報が減っている為着色写真のような色味になる場合もあります。

色補正なのですがお客様から掲載のお許しを頂いた画像で説明致します。

最初の車の写真は黄色く色カブリした画像です。右下が補正カーブを当てた物ですが完全には取りきれていません。

補正後の道路面を見て頂ければ黄色がムラになっているのが分かると思います。

退色ネガの画像

 

補正カーブを当ててある程度の色味は回復

 

黄色く退色した写真はかなり劣化が進んだネガで、均一に退色せずムラになっている事が多く、スキャン時の補正では取りきれない事が多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方お子様の写真は赤カブリしている写真です。髪の毛も赤いですよね。

ネガが赤カブリしている画像

 

 

 

 

 

 

 

これの補正が右の画像です。綺麗に赤カブリが取れました。

補正した画像

 

 

 

 

 

 

 

この段階だと本来の色調を損なうことなくデータ保存出来ますね。

データ化させて頂いて思う事は、ネガには幸せがいっぱい詰まっているという事です。

殆どのネガは楽しい旅行やお子様の誕生、記念行事等でピースサインをしながらの笑顔が沢山写っています。

ネガを引っ張り出して見て下さい、全ての膜面が紫色に見えるようだと退色ネガの可能性大です。

想い出を失う前に早めのデータ化をお進め致します

フィルムの賞味期限

お客様のネガをお預かりしてデータ化する生業を行っている関係上色々なネガフィルムが届きます。

中には未現像のAPSフィルムを送って頂く場合もあります。御本人は現像したつもりだったのでしょう。

APSはカートリッジなので一見では現像済みか未現像か見分けがつきません。

APSの特徴はフィルムを途中で巻き戻して抜いても、またカメラにセットすれば続きから撮影が可能な事です。

35ミリフィルムなら現像したフィルムはシートに納められるので分かり易いのですがAPSは現像済みでもカートリッジに入ったままです。

それが勘違いをする要因かも知れません。

見分ける方法もあります。

APSカートリッジの底を除くと1〜4の番号が振ってある小窓があります。4の小窓が白に変わっていたら現像済みで3の所が白になっていたら現在使用中と言うサインです。

また殆どの方は意識されないと思いますがフィルムにも賞味期限があります。買ったフィルムの箱に有効期限が書いてありそれを過ぎると正常な発色は保証されなくなります。

また有効期限内に撮影し終わっても現像に出さないでいると折角光を浴びて黒化した各色層のハロゲン化銀が元に戻ろうとする現象がありこれを潜像退行と呼んでいます。

このように現像されずに不安定なまま保管されていたフィルムはコントラストの落ちた画像になります。

何が写っているのか分からないという程ではないですが、コントラストの強いデジタル画像に慣れた現代ではぼやけた感じに見えるのは致し方ありません。

勿論そのようなフィルムはスキャン時に補正しておりますが色のバランスが崩れたものは別途専用の画像ソフトでの修正が必要になります。

スキャンさせて頂いて感じる事ですがフィルムには幸せしか写っていません。お子様が生まれて幸せだった時、ご旅行に行かれて幸せだった時、お子様の運動会を一生懸命撮影されていた時、等々…。

幸せが一杯詰まったフィルムです大切にしてください。

記憶が曖昧なAPSフィルムは底を覗いて4番が白くなっているか確認してみるのも良いかもしれません。